我々の生活に溶け込む空中超音波

空中超音波というワードを耳にしたことがある人は多いと思います。

現在ありとあらゆるところに使われている最新技術がこの、空中超音波が使われているセンサーなのです。簡単に説明しますと、超音波を空中に放射し物体からの反射波を検知することによって、自動ドアや侵入者警報装置、あるいは自動車の後方検知機器などに用いられている技術です。例に挙げたものはどれも我々の生活に深く関わっているもので、空中超音波は人間の生活に溶け込んでいるといっても過言ではありません。

最近ではどんどん技術も発達してきて、小型で高性能なものも増えてきています。自動ドアで言いますと、歴史が深くなんと紀元前から原理が存在していたと言われています。日本ではなくヨーロッパの話ですが、神殿の扉の開閉に火を利用し、空気圧で自動で開閉される扉があったそうです。

それを始まりに発展していき、現在のような自動ドアが誕生したのが1900年頃のことで、電車などに用いられるようになりました。今となっては建物の入り口はほとんど自動になっています。最新の技術では性能を生かしたまま小型化を進めており、手のひらサイズのセンサーが主流になりつつあります。

防水タイプのものや、精度に特化したタイプも開発されており、様々な需要に応えることも可能にしています。我々の生活に溶け込んでいる空中超音波がこれからどんな進化を遂げて行くのか楽しみです。100年先でもきっと、この技術が活かされ続けることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *