空中超音波は様々な分野で応用できる

超音波は、固体や液体の中を伝搬する音波のことです。

人間の耳には聞こえないことが特徴で、実際に超音波が放射されていたとしても人間はそれを認識することができません。音は、空気の振動を利用して伝わっていきますので空気が存在するところでは聞こえなくても伝えることができる性質があります。空中超音波も同じで、空気が存在する空中に超音波を放射するとその性質によって周囲に伝搬します。

魅力なのが、物質を傷つけないで自然と放射することができる点です。有害な物質でもないため気軽に利用できるというメリットもあるわけです。ただ、空中超音波とはいっても空気の存在しない真空中では伝わらないという側面もあります。ただ、それに勝る魅力が多くあります。

例えば、光のとおらない媒体であっても通すことができるメリットも存在します。光もとおらない部分に通すことができるため何らかの検査などをしたいときに光が利用できないときには、その代わりにこうした空中超音波を用いることによって代替とすることも可能になるわけです。

実際に、回虫などでは光の届かないエリアも存在しますがそうした中でも超音波を伝わらせることはできます。同じ理屈腕医療機器にも利用することが可能です。

医療機器の場合は、それまでの放射線などを利用していた方法と異なって人体に悪い影響を与えません。そのため、副作用や靭帯の負担を考えずに利用できるという大きな利点が存在します。様々な分野で応用することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *