車に関連する空中超音波

空中超音波と言う言葉を聞いたことがある人はあまり多いとは言えません。

その代わり、感知式の信号機や自動車の障害物の感知システムと聞くと知っている人は多くなります。これらの機能を実現しているのが空中超音波です。世の中には光や圧力などいろいろなものを感知して制御に役立てています。超音波もそのうちの一つで多くの活用例があります。

光のように指向性が高いものや圧力のように感知するまでに時間がかかるようなものとは異なり、超音波は広い範囲で遠くからものを感知できる点が特徴です。また、大型の装置も必要ないため設置が簡単な点も魅力です。自動車はさまざまに変わる状況に対応して危険を感知する必要があります。

音や光は人も感知できるため混乱を生じることがあり、圧力では制御が間に合わない時もあります。超音波なら進行方向の広い範囲を感知することもでき、人に感知されないため混乱がありません。

最近の車に多く採用されているブレーキアシストシステムにも空中超音波の技術が活用されています。前の車との車間距離を感知して異常に接近しているときには警告をしてブレーキを自動でかけて衝突防止が可能です。

超音波ならドップラー効果を利用して近づいているのか離れているのかを知ることもできるため、両者が移動する自動車では効果的に使われています。今後は人よりも正確に、確実に危険を察知することができる技術としていろいろな分野で使われることが期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *